ベビービョルンの抱っこ紐の洗い方は?

子育て

ベビービョルンの抱っこ紐のONE KAI(ワンカイ)は、特殊なバックルのおかげで片手で楽に着脱できます!

けれど、洗い方が手洗いしかできないのなら少し面倒です…。

ベビービョルンの抱っこ紐なら、洗濯機で洗っても大丈夫です!

今回はベビービョルンの抱っこ紐の洗い方などについてお話していきます。

ベビービョルンの抱っこ紐は洗濯機で洗ってOK!

ベビービョルンの抱っこ紐のONE KAIは、洗濯機に入れて丸洗いしても大丈夫です!

洗濯できたら、普段と同じように天日干しをしておきましょう。

干し方はハンガーで吊るしても、物干しざおに直接かけておくでも、どんな方法でも良いです。

洗濯機で洗うときの注意点

抱っこ紐を洗濯機で洗うときは3つの点に注意しましょう。

  • 洗濯ネットに必ず入れる
  • 他の洗濯物と分けておく
  • 素材によって乾き時間が変わる

洗濯ネットに必ず入れる

洗濯ネットを使わないと、摩擦によって抱っこ紐から毛玉がたくさん出てしまいます。

用意する洗濯ネットは、特別大きいサイズのものでなくても大丈夫です!

ベビービョルンの抱っこ紐は、折りたためばコンパクトに洗濯ネットにいれることができます。

他の洗濯物と分けておく

他のものと分けて洗濯した方が、色移りの心配なくきちんと洗えます。

抱っこ紐の色によっては、ジーンズの紺色や真っ赤な洋服の赤色などが移ることもあります。

色移りがあっても気にならない黒色なら安心です。

素材によって乾き時間が変わる

コットン素材だと乾くのに時間がかかりますが、メッシュ素材だとすぐ乾きます。

ベビービョルンの抱っこ紐には、2種類の素材が用意されています。

「洗濯すると抱っこ紐がしばらく使えなくなるから面倒…」というときは、メッシュ素材がオススメです!

乾燥機はNG!

抱っこ紐を乾かすとき、乾燥機は使えないので注意してください。

バックルが変形する可能性があります。

乾かすときは、自然乾燥しましょう。

室内干しであっても、湿度が低ければきちんと乾きます。

洗剤の種類

抱っこ紐を洗濯するときは、中性洗剤を使いましょう。

漂白剤や蛍光増白剤入りの洗剤を使ってしまうと、色落ちの原因になります。

また低刺激性のものであれば、抱っこ紐の素材を痛めにくいです。

洗濯頻度

抱っこ紐を使うことが多いなら、月に1度洗うと良いです。

使う回数が少ないのであれば、よだれや汗などで汚れたときだけ洗濯しておきましょう。

もしたくさん汗をかいた場合は、早めに洗濯した方が良いです。

汗自体は抱っこ紐がすぐ吸収して乾きますが、変色などの原因になります。

特にコットン素材の抱っこ紐は赤ちゃんが汗をかきやすいので、気をつけましょう。

手洗いする場合

もちろん抱っこ紐は手洗いでも大丈夫です。

そのときは、お湯でつけ洗いしておくと、汚れが落ちやすいです。

ベビービョルンの抱っこ紐なら、40度までのお湯に耐えられます。

ベビービョルンの抱っこ紐の付け方は?

ベビービョルンの抱っこ紐のONE KAIの付け方は、抱っこスタイルで異なります。

また付ける前は準備として、抱っこスタイルに合わせて2つの箇所を調節する必要があります。

調節している様子を映している動画はこちらです。

ベビーキャリアONE KAI  装着前の調整

全ての抱っこスタイルの共通の付け方の動画はこちらです。

ベビーキャリアONE KAI  装着方法

共通の付け方は以下の5つです。

  1. 抱っこ紐を頭からかぶる
  2. バックストラップが肩甲骨のすぐ下にくるように、高さと幅を調節する
  3. ウエストベルトを留めて締める
  4. ヘッドサポート側のバックルを両方外す
  5. 下側にあるセーフティバックルを片方外す

バックルを留めたまま、赤ちゃんを抱っこ紐に乗せないようにしましょう。

これ以降は、それぞれの抱っこスタイルに合わせて付けていきます。

また、抱っこスタイルによって付ける前に準備が必要です。

ここからは、それぞれの抱っこスタイルの準備と付け方を紹介します!

対面抱っこの付け方

対面抱っこは、首すわり前か後で準備が異なります。

赤ちゃんに合わせて抱っこ紐をつけていきましょう。

首すわり前

首すわり前の対面抱っこの付け方は、こちらの動画になります。

ベビーキャリアONE KAI 首すわり前 対面抱っこの方法

首すわり前のときは、以下の手順で準備をしておきましょう。

  1. 高さ調節用の布を上側のファスナーに留めて、ハイポジションにする
  2. レッグ用ファスナーを開けて、脚ポジションをノーマルにする

準備ができたら抱っこ紐を付けて、赤ちゃんを抱っこしましょう!

手順は7つです。

  1. 共通の付け方を行う
  2. もう片方のセーフティバックルを外す
  3. 赤ちゃんを両手でしっかり抱っこして、胸のところにもたれかけさせて本体をかぶせる
  4. セーフティバックル、ヘッドサポートバックルの順番で留める
  5. ショルダーベルトのストラップを締めて、密着させる
  6. 両側のレッグストラップを留める
  7. ヘッドサポートの位置を調節する

バックルを留めるときは、「カチッ!」という音が鳴るのを確認してください。

赤ちゃんの足が両側にきちんと出ているか、確認しましょう。

レッグストラップは、体重が4.5kg以上になったら留めなくても大丈夫です。

立ったままだと、抱っこ紐に乗せるのが難しい感じることがあります。

慣れるまでは、ベッドなど平らなところで赤ちゃんを抱っこ紐に乗せると良いです。

首すわり後

首すわり後の対面抱っこの付け方は、こちらの動画になります。

ベビーキャリアONE KAI  首すわり後 対面・前向き抱っこの方法

首すわり後で対面抱っこをするときは、以下の手順で準備をしておきましょう。

  1. 高さ調節用の布を下側のファスナーに留めて、ローポジションにする
  2. レッグ用ファスナーを閉めて、脚ポジションをワイドにする

準備ができたら抱っこ紐を付けて、赤ちゃんを抱っこしましょう!

手順は5つです。

  1. 共通の付け方を行う
  2. 赤ちゃんを対面で抱っこして、抱っこ紐に乗せる
  3. セーフティバックル、ヘッドサポートバックルの順番に留める
  4. ショルダーベルトのストラップを締めて、密着させる
  5. ヘッドサポートの位置を調節する

バックルを留めるときは、「カチッ!」という音を確認しましょう。

また、赤ちゃんの足が両側にきちんと出ているか確認してください。

前向き抱っこの付け方

前向き抱っこの付け方は、こちらの動画の後半になります。

ベビーキャリアONE KAI  首すわり後 対面・前向き抱っこの方法

抱っこ紐を、前向き抱っこ用にする準備しましょう!

準備の手順は2つです。

  1. 高さ調節用の布を下側のファスナーに留めて、ローポジションにする
  2. レッグ用ファスナーを開けて、脚ポジションをノーマルにする

準備ができたら抱っこ紐を付けていきましょう!

付け方は以下の4つです。

  1. 共通の付け方を行う
  2. ヘッドサポートを一番下まで下ろす
  3. 赤ちゃんを前向き抱っこにして、抱っこ紐に乗せる
  4. セーフティバックル、ヘッドサポートバックルの順番に留める

バックルの「カチッ!」という音と、赤ちゃんの足が両側に出ているかを確認しましょう。

赤ちゃんを乗せるときは、赤ちゃんの脇の下に手を通してお股を持って抱えると乗せやすいです。

乗せにくいと感じたら、セーフティバックルを両方外して本体をかぶせて乗せる方法でも良いです。

おんぶの付け方

おんぶの付け方は、こちらの動画になります。

ベビーキャリアONE KAI おんぶの方法

おんぶのときの準備は以下の2つです!

  1. 高さ調節用の布を下側のファスナーに留めて、ローポジションにする
  2. レッグ用ファスナーを閉めて、脚ポジションをワイドにする

準備ができたら抱っこ紐を付けていきましょう!

付け方は以下の8つです。 

  1. 首すわり後の付け方の手順の3まで行う
  2. ショルダーベルトのストラップを緩める
  3. 右腕を、ヘッドサポートバックルがついている方のショルダーベルトからくぐらせて、右手を上に抜く
  4. 左腕を、セーフティバックルが付いている方のショルダーベルトからくぐらせて、左手を下に抜く
  5. 上げた右腕の下に赤ちゃんをくぐらせて、背中へゆっくりと移動させる
  6. 右手と左手を入れて、ショルダーベルトを肩の位置に戻す
  7. バックストラップの高さと幅を調節する
  8. ショルダーベルトのストラップを締めて、密着させる

背中へ移動させるときは、セーフティバックルを持たないようにしてください。

持つと外れる危険性があります。

また、移動中に服に引っかからないように注意しましょう。

抱っこ紐のたたみ方は?

ベビービョルンの抱っこ紐のONE KAIのたたみ方は、こちらの動画になります。

ベビービョルン ベビーキャリアOne  簡単収納

手順は次の6つです。

  1. 全てのバックルを留めておく
  2. レッグ用ファスナーを閉めて、ヘッドサポートは上に上げておく
  3. ヘッドサポートがある面を下にして、ショルダーベルトを本体に収まるようにたたむ
  4. ヘッドサポートでショルダーベルトを巻き込み、セーフティバックルが見えるまでクルンと巻く
  5. ウエストベルトを、セーフティバックルの上側で留めて締める
  6. 余ったベルトをストラップループに留める

これで、かさばる抱っこ紐をかなりコンパクトにすることができます!

抱っこ紐はそのまま置いておくと、家の中で邪魔になってしまいます。

使わないときはコンパクトにたたんで置いておきましょう。

外出するときに「念のため抱っこ紐を持っていこうかな。」と思ったら、たたんでバッグに入れておくのも良いでしょう。

ちなみに、このたたみ方をして洗濯機に入れるという洗い方は、オススメできません。

赤ちゃんに触れる部分がうまく洗えなくなるので、洗うときはなるべく広げておきましょう。

いつからいつまで使える?

ベビービョルンのONE KAIは、新生児から3歳になる頃まで使えます!

体重は3.5〜15kgまで、身長は53〜100cmまでとなります。

子どもの成長には個人差があります。

もし大きく成長すれば、その分使える期間は短くなります。

3歳になる前でも、体重や身長が使用条件よりも大きくなったら使うのを止めましょう。

ベビービョルンの抱っこ紐は、新生児でも付属品なしで抱っこできます。

赤ちゃんの頭からお尻までのマルッとしたラインを、きちんと包むことができるデザインになっています。

そのため抱っこしている人とピッタリ密着することができて、安心感があります。

またヘッドサポートもついていて、首がすわっていない赤ちゃんをしっかり守ります。

抱っこスタイルごとの条件

いつからいつまで抱っこできるかは、抱っこスタイルによって少し変わります。

抱っこスタイルごとの条件はこちらです!

新生児向けの対面抱っこ

新生児向けの対面抱っこ(ハイポジションの抱っこ)は、0ヶ月から4ヶ月頃までとなります。

赤ちゃんの体重が3.5kg、身長が53cmから安全に使うことができます。

赤ちゃんが小さく生まれてきた場合、少し成長するまでは抱っこを控えた方が良いです。

また、早産で生まれたり呼吸器系の病気を持っていたりする赤ちゃんには、生後1ヶ月まで抱っこ紐を使わないでください。

生後1ヶ月を過ぎたら、使っても良いかお医者さんと相談しましょう。

生後4ヶ月経ったとしても、首がすわらないうちは必ずこの抱っこスタイルのみにしてください。

ローポジションの対面抱っこ

ローポジションの対面抱っこは、4ヶ月頃から2歳頃までとなります。

体重は13kgまでです。

首がきちんとすわってから、新生児向けの対面抱っこからこの抱っこに切り替えましょう。

前向き抱っこ

前向き抱っこは、5ヶ月頃から1歳半頃までとなります。

体重は12kgまでです。

前向き抱っこをするときは、首が完全にすわってからにしましょう。

おんぶ

おんぶは、1歳から3歳頃までとなります。

体重は15kgまでで、身長は100cmまでです。

体重はいくつでも大丈夫なので、おんぶは必ず1歳を過ぎてからにしましょう。

ベビービョルンの抱っこ紐では、おんぶが最後までできる抱っこスタイルになります。

ベビービョルンの抱っこ紐の種類は?

ベビービョルンの抱っこ紐は、公式サイトだとONE KAIとMINIという大きく2種類があります!

他にも、旧モデルやWEというモデルなどもあります。

ここではONE KAIとMINIの特徴について、それぞれ見ていきましょう。

ONE KAI(ワンカイ)

ONE KAI(ワンカイ)は、ベビービョルンのONEシリーズの最新モデルです!

日本人の体格に合わせて作られたものになります。

バックルがスライド式になっていて、留めるのには少しコツがいります。

何回か使っていくと慣れて、片手でも楽に操作できるようになります。

抱っこのスタイルは、以下の4通りが楽しめます。

  • 新生児向けの対面抱っこ
  • ローポジションの対面抱っこ
  • 前向き抱っこ
  • おんぶ

また素材によるマイナーチェンジがあり、用意されている色も異なります。

ONE KAIはコットン素材となり、柔らかい肌触りが特徴的です。

色は5種類用意されています。

ONE KAI Airはメッシュ素材となり、通気性や速乾性に優れています。

色は8種類用意されています。

MINI(ミニ)

 

MINI(ミニ)は、ベビービョルンの「オリジナル」というモデルの後継に当たります!

「オリジナル」の、コンパクトで簡単に着脱できる仕様を引き継いでいます。

さらにデザインが変わって、より赤ちゃんにフィットする形となっています。

洗い方はONE KAIと同じで、洗濯機で洗えます。

コンパクトな分ベルトはショルダーベルトのみとなり、ウエストベルトは付いていません。

そのため、使える期間はONE KAIより限られています。

対象月齢は新生児から1歳頃までで、体重は11kgまでです。

抱っこのスタイルは2通りになります。

  • 対面抱っこ
  • 前向き抱っこ

制限がある分、価格は安めとなっています。

初めて抱っこ紐を使うときにオススメです!

素材によってマイナーチェンジし、用意されている色も異なります。

MINIはコットン素材で、ふっくらとして肌触りが良いです。

色は3種類用意されています。

MINI Airはメッシュ素材で通気性が良いです。

色は4種類用意されています。

MINI 3Dジャージーは、メッシュにジャージー素材を合わせたものです。

通気性が良く、きめ細かいスベスベした肌触りが特徴的です。

色は3種類用意されています。

もし1つの抱っこ紐を長く使いたい、おんぶもしたいというときはONE KAIがオススメです!

楽天でポイントを貯めつつ、買いたいときはこちらからどうぞ。

 

タイトルとURLをコピーしました