【洗い方】ベビービョルンの抱っこ紐は3つに注意して洗おう!

子育て

ベビービョルンの抱っこ紐のONE KAI(ワンカイ)は、特殊なバックルのおかげで片手で楽に着脱できます!

けれど、洗い方が手洗いしかできないのなら少し面倒ですよね…。

ベビービョルンの抱っこ紐なら、洗濯機で洗っても大丈夫です!

今回はベビービョルンの抱っこ紐を洗濯機で洗う時の3つの注意点や他の洗い方などをお話していきます。

ベビービョルンの抱っこ紐は洗濯機で洗ってOK!

ベビービョルンの抱っこ紐のONE KAIは、洗濯機に入れて丸洗いしても大丈夫です!

子育てで忙しい中手洗いは大変なので、洗濯機に任せられるのは嬉しいですね。

赤ちゃんとお出かけしない日を狙ってサクッとキレイにしましょう!

洗濯機で洗うときの注意点

抱っこ紐を洗濯機で洗うときは3つの点に注意しましょう。

  • 洗濯ネットに必ず入れる
  • 他の洗濯物と分けておく
  • 素材によって乾き時間が変わる

洗濯ネットに必ず入れる

洗濯ネットを使わないと、摩擦によって抱っこ紐から毛玉がたくさん出てしまいます。

用意する洗濯ネットは、特別大きいサイズのものでなくても大丈夫です!

ベビービョルンの抱っこ紐は、折りたためばコンパクトに洗濯ネットにいれることができます。

他の洗濯物と分けておく

他のものと分けて洗濯した方が、色移りの心配なくきちんと洗えます。

抱っこ紐の色によっては、ジーンズの紺色や真っ赤な洋服の赤色などが移ることもあります。

色移りがあっても気にならない黒色なら安心です。

素材によって乾き時間が変わる

コットン素材だと乾くのに時間がかかりますが、メッシュ素材だとすぐ乾きます。

ベビービョルンの抱っこ紐には、2種類の素材が用意されています。

「洗濯すると抱っこ紐がしばらく使えなくなるから面倒…」というときは、メッシュ素材がオススメです!

乾燥機はNG!

抱っこ紐を乾かすとき、乾燥機は使えないので注意してください。

バックルが変形する可能性があります。

乾かすときは、自然乾燥しましょう。

室内干しであっても、湿度が低ければきちんと乾きます。

洗濯した後は天日干し

ベビービョルンの抱っこ紐を洗濯したら天日干ししましょう!

お日様の力で雑菌を倒せますよ。

干し方はハンガーで吊るしても、物干しざおに直接引っかけるでも大丈夫です!

なるべく赤ちゃんが触れる内側の部分が日光に当たるようにすると◎です。

洗剤の種類

抱っこ紐を洗濯するときは、中性洗剤を使いましょう。

漂白剤や蛍光増白剤入りの洗剤を使ってしまうと色落ちの原因になります。

また低刺激性のものであれば、抱っこ紐の素材を痛めにくいです。

洗濯頻度

 

抱っこ紐を使うことが多いなら、月に1度洗うと良いです。

使う回数が少ないのであれば、よだれや汗などで汚れたときだけ洗濯しておきましょう。

もしたくさん汗をかいた場合は、早めに洗濯した方が良いです。

汗自体は抱っこ紐がすぐ吸収して乾きますが、変色などの原因になります。

特にコットン素材の抱っこ紐は赤ちゃんが汗をかきやすいので、気をつけましょう。

手洗いする場合

もちろん抱っこ紐は手洗いでも大丈夫です。

そのときは、お湯でつけ洗いしておくと、汚れが落ちやすいです。

ベビービョルンの抱っこ紐なら、40度までのお湯に耐えられます。

ベビービョルンの畳み方は?

ベビービョルンの抱っこ紐のONE KAIのたたみ方は、こちらの動画になります。

手順は次の6つです。

  1. 全てのバックルを留めておく
  2. レッグ用ファスナーを閉めて、ヘッドサポートは上に上げておく
  3. ヘッドサポートがある面を下にして、ショルダーベルトを本体に収まるようにたたむ
  4. ヘッドサポートでショルダーベルトを巻き込み、セーフティバックルが見えるまでクルンと巻く
  5. ウエストベルトを、セーフティバックルの上側で留めて締める
  6. 余ったベルトをストラップループに留める

これで、かさばる抱っこ紐をかなりコンパクトにすることができます!

抱っこ紐はそのまま置いておくと、家の中で邪魔になってしまいます。

使わないときはコンパクトにたたんで置いておきましょう。

外出するときに「念のため抱っこ紐を持っていこうかな。」と思ったら、たたんでバッグに入れておくのも良いでしょう。

畳んだまま洗うのは×

このたたみ方をして洗濯機に入れるという洗い方はオススメできません。

赤ちゃんに触れる部分がうまく洗えなくなるので、洗うときはなるべく広げておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました